> コラム > 日本の修正版2020年削減目標は妥当な数値か? 第3回 「2005年比6-7%削減」という修正の現実味
気候変動交渉の現場から

日本の修正版2020年削減目標は妥当な数値か? 第3回 「2005年比6-7%削減」という修正の現実味

島田 久仁彦

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

鳩山総理が2009年9月に国際公約として発表した25%削減目標についておさらいをしてみたいと思う。

国連総会での発言、そして年末にあったCOP15(コペンハーゲン会合)では、日本の2020年目標はそれなりに評価されていたと思う。国際交渉の場では、「日本の2020年までの削減目標=1990年比25%減」という認識になってしまっていた。「なぜ日本はその内訳をいつまでも発表できないのか?」と訝る声も聞かれるのだが、政治的なリーダーシップが示されないまま、現場の交渉官たちは、尋ねられれば25%削減という数値を静かに繰り返すか、こちらからはあえて言わない、という苦境に立たされることとなった。

そんな折に2011年3月11日の大震災と原発事故が起きたのである。その直後に開催されたAWG会合において、各国からお悔やみの言葉が述べられると同時に、多くの国から「25%の見直しについてはどうなのか?」と尋ねられたのだが、日本としては明確に回答することは不可能だった。

恐らく、今思えば、国際的な批判を受けることなく、目標の見直しが可能だったのはこの会議と6月の補助機関会合までだったと思うのだが、結局、今年11月に開催されるCOP19まで見直しを引っ張る羽目になった。民主党政権下での政治的なリーダーシップの欠如が招いた不幸な結果だったと思う。

(以上、前回までサマリー)

では、実際に今回の修正された(見直された)日本の削減目標は妥当なラインなのだろうか?

(※全文:2,115文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

気候変動交渉の現場から バックナンバー

この記事の著者

島田 久仁彦 (しまだ・くにひこ)
島田 久仁彦 (しまだ・くにひこ)

 国際的に有名な交渉ストラテジストとして知られ、国際会議のファシリテーションのプロフェッショナルとして認められている。現在KS International Strategies社のCEOを務める傍ら環境省参与およびSun Investment社のパートナーとしても活躍。


 これまでに環境省国際調整官として気候変動交渉で政府代表団でリード交渉官を務めると同時に、数々の議題で交渉の議長なども歴任。

 2010年10月に名古屋で開催された生物多様性第10回締約国会議(CBD-COP10)では、議長補佐を務め会合の成功に寄与した。環境問題、とくに気候変動問題には、1997年から関わっており、気候変動の国際交渉においては知らない人がいないと言われるほど名が知られている。2012年3月、これまでの活動が評価され、世界経済フォーラムのYoung Global Leaders 2012(YGL2012)に選出された。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.