気候変動交渉の現場から

気候変動次期枠組みにおける政策動向と今後の勢力図(4) EUの今後の立ち位置

  • 印刷
  • 共有

2013年7月10日のワシントンDCでの第5回米中戦略経済対話での合意だが、ケリー米国務長官が記者会見で発表した内容を見てみると、こちらでも両国が協力して気候変動問題のスキームをリードするとの思惑が見て取れる。

(中略)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事