気候変動交渉の現場から

2015年合意に向けた交渉のギアチェンジ ~第3回(終)~

  • 印刷
  • 共有

(前回の続きから)さて、このような流れの変化に直面し、私たち、日本はどうするべきなのだろうか?これまでは「環境先進国」というモデルとなり、温暖化の交渉においても比較的高いリーダーシップを発揮してきたように思うが、先述のように、原発再稼働の見込みが立たないことで、気候変動交渉におけるオピニオンリーダーとしての役割を果たすための、立場のclarityを出せないジレンマに陥っている。

「2015年第1四半期までに目標を出すべき」との時流に直面し、エネルギー戦略もはっきりできない中でも、私は、日本ははっきりとした姿勢を示すべきだと考える。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事