> コラム > 科学からのメッセージ:IPCC第5次報告書が伝えること(2)
気候変動交渉の現場から

科学からのメッセージ:IPCC第5次報告書が伝えること(2)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

気候変動の科学的知見に対して懐疑的な目を向けるグループが言っていたように「たいしたはことない」状況だっただろうか。

実際には、毎年のように地球上のいろいろなところで、いわゆる異常な気象現象が続発し、私たちの生活上の安全を脅かしている。

例えば、一昨年には、米国東海岸がSuper storm Sandyに襲われ、2013年の冬は史上最低を記録する低温や豪雪に見舞われている。英国に至っては、昨年来、各地で大洪水が起きているし、豪州では、記録最高の猛暑が続く事態になっている。

(※全文:664文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

気候変動交渉の現場から バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.