> コラム > 高まるカーボンプライシングへの期待(4)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

高まるカーボンプライシングへの期待(4)

連載「高まるカーボンプライシングへの期待(1)(2)(3)

カーボンプライシング:政策の選択

パリ協定の締結を受けて、わが国の政府も温室効果ガス(GHG)を2030年度までに13年度比で26%、50年度までに80%削減するという中期、長期の目標を定めている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 96 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.