再エネ新時代における木質エネルギーの役割

高まるカーボンプライシングへの期待(4)

  • 印刷
  • 共有

連載「高まるカーボンプライシングへの期待(1)(2)(3)

カーボンプライシング:政策の選択

パリ協定の締結を受けて、わが国の政府も温室効果ガス(GHG)を2030年度までに13年度比で26%、50年度までに80%削減するという中期、長期の目標を定めている。80%減をGHGの絶対量でいう14.1億トンから2.5~2.8億トンに減らすことであり、これまで削減実績からすれば、異次元の夢物語のように聞こえるかもしれない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報