> コラム > 欧州で広がる木質燃料価格の下落をどう見るか(2)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

欧州で広がる木質燃料価格の下落をどう見るか(2)

木質チップ価格の長期系列に見る四つに局面

木質エネルギーの先進国であるスウェーデンでも、木質燃料の価格に関してエネルギー庁から四半期ごとのデータが公表されるようになるのは1993年からである。しかし山から下りてくる林業チップについては、その信頼度に多少の問題はあるにせよ、1970年代から価格統計が集められていた。それをエネルギー庁の公式のデータとつなぎ合わせれば、40年以上にわたる長期の動向を辿ることができる。

下の図2はそうした試みの一つである。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

再エネ新時代における木質エネルギーの役割 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.