> コラム > 木質バイオマス発電:苦難の歴史に学ぶ(6・完) ~ファーストエスコ社の岩国ウッドパワーのケース~
続・これからの木質エネルギービジネス

木質バイオマス発電:苦難の歴史に学ぶ(6・完) ~ファーストエスコ社の岩国ウッドパワーのケース~

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

ファーストエスコ社の岩国ウッドパワーは、RPS法の施行を契機に立ち上げられたバイオマス専焼の本格的な発電所である。主たる燃料は廃棄物系のリサイクルチップで、電気出力は10MW。2006年1月に操業を開始したが、その後の数年間は燃料価格の高騰と燃料不足に苦しめられた。燃料が安定的に確保できなければ、バイオマスによる発電事業は成り立たない。今回のFIT制度で認定された施設を見ると、出力5MW以上の大型プラントが相当数含まれ、しかもその多くは森林から下りてくる未利用材チップを使うことになっている。このような森林チップの場合は、継続的にまとまった量を確保することがリサイクルチップ以上に難しい。岩国ウッドパワーの苦い経験を参考にして、今後の対応策をよく検討する必要がある。

世界の潮流が変化するなかで

今から15年も前の話になるが、筆者は『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)と題する小さな本を出版した。1990年代の世界の状況からすれば、このタイトルにそれほどの違和感はなかったであろう。ところが今世紀に入ると、高揚していた期待に水を差すようなニュースが次々と飛び込んできた。前々回で見たように、世界最大のバイオマス発電プラントと言われたマックネイルの発電所は、25%という低い発電効率のために経営難に陥っていた。そこで35~40%の効率を目指してガス化発電装置への切り替えを図るのだが、結局うまくいかなかった。

(注)岩国ウッドパワーは、ファーストエスコ社から2010年にミツウロコ社に全株式が譲渡され、現在はミツウロコ社の岩国発電所として運転が続けられている。

(※全文:3,509文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

続・これからの木質エネルギービジネス バックナンバー

この記事の著者

熊崎 実(くまざき・みのる)

一般社団法人 日本木質バイオマスエネルギー協会 会長

1935年岐阜県生れ。農林省林業試験場(現・森林総合研究所)林業経営部長、筑波大学農林学系教授、岐阜県立森林文化アカデミー学長を歴任。現在は、筑波大学名誉教授、日本木質ペレット協会会長、一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会会長。専門は国際森林資源論、農学博士。

著書に『林業経営読本』(日本林業調査会)、『木質バイオマス発電への期待』(全国林業改良普及協会)『木質エネルギービジネスの展望』(同左)、『木質資源とことん活用読本』(編著、農文協)ほか。訳書に『日本人はどのように森をつくってきたのか』(C.タットマン、築地書館)、『樹木学』(P.トーマス、築地書館)ほか多数。

一般社団法人日本木質バイオマスエネルギー協会への相談は「mail@jwba.or.jp」まで。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.