再エネ新時代における木質エネルギーの役割

国際化進む木質ペレット市場と日本(1)~市場拡大の様相を地球規模で俯瞰~

  • 印刷
  • 共有

木質ペレットが注目される理由

近年の木質エネルギービジネスで最もダイナミックな展開が見られるのは、世界のペレット市場である。木質ペレットというのは、木材を細かく粉砕して円筒状に小さく固めたものだが、形状が安定しているうえに水分率も10%以下に抑えられているから、家庭用の小型ストーブでも燃料の自動補給ができるし、微妙な温度調節も可能だ。さらに大型の火力発電所でのバイオマス混焼においても、ペレットは最適な燃料とされている。

もう一つ、木質ペレットの特徴として見逃せないのは運搬費の負担能力が高いことだ。早い話、1立方メートル当たりのエネルギー密度は、生の木材が2~3GJ/m3であるのに対しペレットはその4倍の10~12GJにもなる。木質ペレットを満載した大型の専用船が大西洋や太平洋を横切るのはごく普通のことになってきた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報