> コラム > 「再エネ新時代」の到来と木質バイオマス発電(その1)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

「再エネ新時代」の到来と木質バイオマス発電(その1)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

はじめに

ドイツのエネルギー政策は2010年代に入って大きく変わり始めた。この国では、政府の定める固定価格で再エネ電気を優先的に全量買取るFITの制度を比較的早くからスタートさせ、相当な成果を上げていたのだが、2012年の法(EEG)改正あたりから、「市場適応」に向けた動きが出てくる。

まず再エネ発電の事業者は電力の「直接市場販売」を求められるようになった。売電価格と政府が目標とする参照価格との差は「プレミアム」として支給される。そして2017年の1月からは、このプレミアムも政府が決めるのではなく、一般入札を通して競争的に決められることになった。

(※全文:3312文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

再エネ新時代における木質エネルギーの役割 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.