> コラム > 高まるカーボンプライシングへの期待(2)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

高まるカーボンプライシングへの期待(2)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

連載「高まるカーボンプライシングへの期待(1)」はこちら

スウェーデンの炭素税

地球温暖化防止の視点からスウェーデンは1991年に炭素税を創設した。90年代末の政府のエネルギー統計によると、1993年~97年の平均で石炭の市場価格が4.4オーレ/kWh、森林燃料が10.2オーレ/kWh、石炭のほうが断然安い。しかし一般用の石炭には炭素税のほかに硫黄税、エネルギー税が課せられていて、その合計は16.9オーレにもなる。最も安価な暖房用燃料とされていた石炭に、市場価格の3.8倍もの税が賦課されたため、森林燃料が俄然有利になった。

(※全文:2163文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

再エネ新時代における木質エネルギーの役割 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.