> コラム > 高まるカーボンプライシングへの期待(3)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

高まるカーボンプライシングへの期待(3)

連載「高まるカーボンプライシングへの期待(1)(2)

重要なのは熱電併給

イギリスはRHIをスタートさせたころ、これは「世界初の熱のFITだ」と自慢していたが、熱電併給(CHP)の重要さを忘れていたわけではない。バイオマスの燃焼やガス化で得られた高い熱でまず電気をつくり、その排熱を冷暖房や給湯に向けるのが、やはり理想なのである。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

再エネ新時代における木質エネルギーの役割 バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.