> コラム > リセットされた英国版「熱の固定価格買取制度」(1)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

リセットされた英国版「熱の固定価格買取制度」(1)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

はじめに

2000年にスタートしたドイツの固定価格買取制度(FIT)は2017年から入札制度に切り替えられた。このコラムでは、制度の激変に振り回されて困惑する木質バイオマス発電の状況をお伝えしてきたが、ドイツのFITと並んで、筆者が注視してきたのは「熱のFIT」とも呼ばれるイギリスの「再生可能な熱への助成策(Renewable Heat Incentive、RHI)」である。

イギリスは、ドイツのFITの成り行きを横目に見ながら2010年に自国のFITをスタートさせるが、これにバイオマスを含めなかった。

(※全文:3353文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

再エネ新時代における木質エネルギーの役割 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.