再エネ新時代における木質エネルギーの役割

リセットされた英国版「熱の固定価格買取制度」(2)

  • 印刷
  • 共有

懸念される国家予算の浪費と拭えない不公平感

( 連載(1)はこちら。)

ここでタリフ低減(degression)のメカニズムについて簡単に説明しておこう(脚注)。RHIのスキームでは、各四半期に補助金として使える政府の予算額が熱供給の技術(区分)ごとに決められている。表1の四つの技術区分がそれに相当する。予算額が決められている以上、それを大幅に超えた支出は許されない。予算の枠内に納めるような仕組みが要る。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報