> コラム > リセットされた英国版「熱の固定価格買取制度」(2)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

リセットされた英国版「熱の固定価格買取制度」(2)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

連載「リセットされた英国版「熱の固定価格買取制度」(1)はこちら

懸念される国家予算の浪費と拭えない不公平感

ここでタリフ低減(degression)のメカニズムについて簡単に説明しておこう(脚注)。RHIのスキームでは、各四半期に補助金として使える政府の予算額が熱供給の技術(区分)ごとに決められている。表1の四つの技術区分がそれに相当する。予算額が決められている以上、それを大幅に超えた支出は許されない。予算の枠内に納めるような仕組みが要る。

(※全文:3215文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

再エネ新時代における木質エネルギーの役割 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ