> コラム > 「再エネ新時代」の到来と木質バイオマス発電(その2)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

「再エネ新時代」の到来と木質バイオマス発電(その2)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

エネルギーに限界はない?!

世界的に評判の高いY.N.ハラリの近著『サピエンス全史』の日本語版を読んでいて、「私たちが使えるエネルギーに限界はない」という衝撃的な文章に出会った。著者は1976年生まれのイスラエル人だが、とくに感心したのは若い頭脳が生み出す柔軟でみずみずしい発想である。われわれはこれまで、現代社会の膨大なエネルギー消費がエネルギー源を枯渇させるのではないかと繰り返し声高に叫んできた。

しかしハラリ氏に言わせると、私たちの身近には太陽エネルギーはじめ核エネルギーや重力エネルギーなど無尽蔵にある。エネルギーに限界があるのではなく、その使い方を知らない人間の無知が唯一の限界になっていた、と言う。それが産業革命でエネルギーの変換にも革命が起こり、新しいエネルギー源が次々に発見されて、人間が使えるエネルギーの総量は確実に増えてきた。

(※全文:1860文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

再エネ新時代における木質エネルギーの役割 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.