再エネ新時代における木質エネルギーの役割

バイオエネルギー政策の新たな展開:ドイツのFITとイギリスのRHI

  • 印刷
  • 共有

連載再開の弁

本サイトの編集部から、木質バイオマスのエネルギー利用について、隔週で6回くらい記事を書いてくれないかと頼まれたのは、2013年の初夏のことである。連載が始まったのは同年の8月5日号からで、第1回目のテーマはグローバルな視点でバイオマス利用の動向を概観することであった。

最終稿となる予定の6回目は「鍵を握る木質バイオマスのカスケード利用」とし、ひと区切りつけたつもりでいたのだが、もう少し続けろということになり、結局23回もの長いシリーズになってしまった。最後(14年6月5日号)は「木質バイオマス発電への期待と懸念(4)~眠れる森林資源を活かす道」で終えたのである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報