> コラム > 中山間地における「エネルギー自立」の夢と課題(後編)
再エネ新時代における木質エネルギーの役割

中山間地における「エネルギー自立」の夢と課題(後編)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

連載「中山間地における「エネルギー自立」の夢と課題(前編)(中編)

木材生産の縮小は半世紀前から始まっていた

日本の国土の3分の2は森林である。人口稠密なこの国で、有史以来20世紀の半ばに至るまで、人びとが必要とする建築用、造船用などの用材と、調理や暖房、鉄の精錬などに使われる薪炭材のほとんどは国内の森林で賄われていた。

(※全文:1892文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

再エネ新時代における木質エネルギーの役割 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.