再エネ新時代における木質エネルギーの役割

木質バイオマス発電:苦難の歴史に学ぶ(2) ~米国バーモント州のマックネイル発電所が直面した課題~

  • 印刷
  • 共有

バーモント州最大の都市バーリントンには、森林バイオマスを軸にした大型の発電所がある。筆者がこのプラントを訪れたのは2001年1月のことだが、当時はいくつもの難題を抱え、その前途は決して明るいものではなかった。以下にその当時の状況を報告しよう。

発電プラントが設置されるまでの経緯

木々に囲まれているバーリントン市マックネイル発電所
バーリントン市マックネイル発電所
出所:バーリントン市電力局

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報