再エネ新時代における木質エネルギーの役割

マテリアル利用とエネルギー利用の競合

  • 印刷
  • 共有

木をそのまま燃やすのは先進国のやり方ではない

ドイツ在住の池田 憲昭氏は、エネルギーコンサルタントのT. シュヴァルツ氏とともに、わが国で大型バイオマス発電への関心が高まっていることについて、下記のような疑問を投げかけている 脚注1)。

脚注1)トアステン・シュヴァルツ、池田憲昭「森林はエネルギー問題を解決できるか?(前編)(後編)」『地球温暖化』2014年5月号と7月号

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報