再エネ新時代における木質エネルギーの役割

木質バイオマス発電のFITはこのままでよいのか(5・完)~FITの市場統合を見据えて~

  • 印刷
  • 共有

曲がり角にきたFIT制度

欧州で始まった固定価格買取制度(FIT)は、いま大きな曲がり角にさしかかっている。それを象徴するのが、2014年の春に公表された欧州委員会(European Commission)の「環境・エネルギー分野での国家助成に関するガイドライン」脚注)である。市場からのシグナルを無視して決められている現行のFITを段階的に廃止してプレミアム方式に移行し、2020~30年には市場経済と完全に一体化させる(つまり国家助成をゼロにする)という方針が打ち出された。

数年前までは、グリーン電力を普及させるうえでFITはきわめて有効な政策手段で、プレミアム方式やクォータ方式よりも断然優れているといった論議が多かった。各国が競うようにFITを採用し、わが国もそれに倣ったのだが、近年ではFITの負の側面が強調されるようになり、評価が完全に逆転した観さえある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報