再エネ新時代における木質エネルギーの役割

急がれる木質燃料統計の整備

  • 印刷
  • 共有

国際エネルギー機関(IEA)などの公式統計で欧米諸国と比較すると、日本における木質バイオマスのエネルギー利用は、その豊かな森林資源にもかかわらず、かなり低いレベルにとどまっている。日本の木質燃料消費量が他国に比べて落ち込んでいるのは事実だが、関連統計の不備にも原因がある。行政サイドで正確な数字を把握していないために、過少な数字が国際機関に報告されていたのだ。

最近になってようやく是正の兆しが見え始めた。林野庁が新しく公表した2014年の「木材需給表」には、森林から下りてくる燃料チップ用木材の項目が付け加えられた。さらに工場残材や建設廃材に由来する燃料用のチップの量も「外書」で把握できるようになっている。この両者を加えたエネルギー用木質バイオマスの総量は、丸太換算で1,268万立方メートルになる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報