> コラム > 意外と知らない稼働率と設備利用率の違い(中)
風力発電 大量導入への道

意外と知らない稼働率と設備利用率の違い(中)

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回の最後で「稼働率を巡るマニアックな議論」を予告しましたので、今回はそれについて書いてみたいと思います。最初に申し上げておきますが、今回は相当細かく重箱の隅をつつくような議論ですので、もしかしたら多くの読者が「なんで言葉ひとつにこんなに細かいことをぐだぐだ議論してるんだ・・・?」と呆れ、途中で飽きてしまったり投げ出してしまうかも知れません。しかし、この議論を笑う者はメンテナンスを嗤うことにほかならず、結果的にビジネスに泣くことになりかねません。途中は軽く読み飛ばしても構いませんので、是非最後までお読み下さい。風力発電の「稼働率」、実に奥が深いです。

稼動率という言葉を定義するためだけの国際規格

「稼働率という用語を定義するために,国際規格がひとつ立ち上がる」と最初に聞いた時は、さすがに筆者も目が点になりました。

(※全文:3,255文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

安田 陽(やすだ・よう)

関西大学 システム理工学部 准教授

1989年3月、横浜国立大学工学部卒業。1994年3月、同大学大学院博士課程後期課程修了。博士(工学)。同年4月、関西大学工学部(当時)助手。専任講師、助教授を経て現在、同大学システム理工学部准教授。現在の専門分野は風力発電の耐雷設計および系統連系問題。 現在、日本風力エネルギー学会理事。電気学会 風力発電システムの雷リスクマネジメント技術調査専門委員会 委員長。IEA Wind Task25(風力発電大量導入)、IEC/TC88/MT24(風車耐雷)などの国際委員会メンバー。主な著作として「日本の知らない風力発電の実力」(オーム社)、翻訳書(共訳)として「洋上風力発電」(鹿島出版会)、「風力発電導入のための電力系統工学」(オーム社)など。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.