風力発電 大量導入への道

メガソーラーのトラブルと自律的ガバナンス

  • 印刷
  • 共有

3月14日付の拙稿「太陽光発電の事故防止と規制動向」において、太陽光発電の事故について取り上げましたが、今回はその延長線上にある太陽光発電のトラブルについて考えたいと思います。太陽光発電はその数が増加するにつれ「事故」も多く報告されはじめていますが、報道こそ大々的ではないものの、「トラブル」も多く発生していることが徐々に明らかになっています。

「事故」と「トラブル」の違いは何でしょうか。まず、発電設備の「事故」は法律文書によって定められており、経済産業省が所轄官庁として取り扱っています。それに対して、事故に至らない事象や周辺住民との「トラブル」に関しては定義が曖昧で、現在それを調査したり問題を解決する所轄官庁も一様ではなく、全貌の把握すら難しい状況にあるようです。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報