> コラム > 消費者に選ばれる電源となるために 〜経営戦略としてのメンテナンス〜(中)
風力発電 大量導入への道

消費者に選ばれる電源となるために 〜経営戦略としてのメンテナンス〜(中)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回に引き続き、公益財団法人 総合研究開発機構(NIRA)の西山 裕也氏のインタビューをお送りします。前回までに、規制とイノベーションの関係について、国際競争力を持つ4つの条件について紹介いただきました。今回はその続きです。

安田:

さて、前回までのお話で、環境規制が一般にイノベーションを促進し国際的競争力を得る条件やその構造はわかりましたが、メンテナンスとの関係はいかがでしょうか?

西山:

はい。その点は非常に重要です。なぜなら、従来の強いポーター仮説だけだと、「効率化を行うためにメンテナンスをする」というだけになってしまいます。私自身はマーケティング3.0の考えも取り入れて、社会的価値を高めるためにもメンテナンスを重要視することが大事なのではないかと考えています。つまり、社会的価値を失うことを防止するためのメンテナンスです。

(※全文:4,754字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.