風力発電 大量導入への道

再エネに関する情報ギャップ(その1:便益ってご存知ですか?)

  • 印刷
  • 共有

前回のコラムで、再エネに関する国際議論はなかなか日本に正確に伝わらず、日本と海外で「情報ギャップ」が存在する、ということを書きました。今回以降、それらをシリーズでテーマ別に掘り下げて行きたいと思います。まずは、前回紹介した「便益(benefit)」について深堀りします。

「便益」を語らない日本

まずはじめに、少し前回のおさらいをしたいと思います。前回のコラムでは、「日本でこれほどまでに風力発電の地位が低いのは、便益がほとんどまったく語られず、コストや課題ばかりが強調されているからかもしれません」と述べました。風力発電に限らず、再エネ全般の便益が日本ではほとんど語られていません。いや、「便益」という概念自体が日本全体で希薄なような気がします。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報