風力発電 大量導入への道

「発電量」というナゾの言葉

  • 印刷
  • 共有

前回までに「稼働率」という誤用されやすい用語について、定義式や国際電気標準会議 (IEC) での議論などを踏まえながら紹介してきました。今回はその関連で、もう一つ誤解・誤用されやすい「発電量」という言葉を取り上げてみたいと思います。今回はメンテナンスに関連するお話ではありません。メンテナンスは「一回休み」です。

「発電量」はkW? それともkWh?

突然ですが、筆者は「発電量撲滅委員会」というものを主催しております。現在、会員1名。会員絶賛募集中です(笑)。まあ賛否両論あるかもしれませんが、議論をすること自体、重要だと考えています。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報