風力発電 大量導入への道

なぜ欧州では市民風車が成功したのか?(上)

  • 印刷
  • 共有

今回は「なぜ欧州、特にデンマークでは市民風車や組合風車が成功を収めているのか?」というテーマを取り上げます。もちろん、前回のコラムに引き続き、「メンテナンスが大事」というのが隠れた主題です。

デンマークの市民風車やコミュニティ風車、組合風車の成功事例は、日本でも多くの文献で取り上げられています。その成功の要因は、市民の環境意識が高いことや政府や自治体の支援スキームがしっかりしていることなどがよく取り上げられます。もちろん政策学や社会学の観点から分析すると、確かにその通りで日本が学ぶべきことも多いでしょう。しかし、筆者は別の観点から、すなわち「メンテナンス」というエンジニアリング的な観点からこの市民風車の成功を分析したいと思います。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報