風力発電 大量導入への道

風車の天敵、冬季雷(お詫びと訂正の巻)

  • 印刷
  • 共有

前々回のコラムで冬季雷の発生メカニズムについて解説しましたが、大変申し訳ありません、古い情報(正確に言うと今では否定されている説)を読者のみなさまにお伝えしてしまいました。謹んでお詫び申し上げますとともに訂正したいと思います。今回は早速その情報修正を試みると同時に、科学的知見がどのようなスピードでアップデートされているかについても論じてみたいと思います。

ここ数年で明らかになった最新の知見によると、前々回コラムで紹介した冬季雷発生の理論は現在では否定されているようです。コラム掲載後、早速、ご専門の方から誤りをご指摘頂きました。というわけで今回は、最新の雷発生メカニズムについて、この分野の新進気鋭の研究者である一般財団法人 電力中央研究所 電力技術研究所 雷・電磁環境領域 主任研究員の齋藤幹久氏に緊急インタビューをお願い致しました。このインタビューは主にメールで質疑応答をやり取りさせて頂き、最終的に会話風にわかりやすく再構成したものです。また、内容に関しては、この分野の世界的権威である石井 勝 東京大学名誉教授にもご査読頂きました。この場を借りて篤く御礼申し上げます。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報