風力発電 大量導入への道

実はあまり語られないFITとメンテナンスの関係

  • 印刷
  • 共有

固定価格買取制度(FIT)は、施行から2年が経過し、さまざまな問題を孕みながらも再生可能エネルギーの導入が拡大しつつあることからも、一定の評価がなされているかと思います。FITに関するよくある議論としては、特定の電源(太陽光)しか導入が拡大していないこと、北海道や九州など特定の地域に偏在して導入されてしまっていること、認定を受けてから着工・運開しない事業者が多数あること、などが挙げられます。

これらの点に関してはさまざまなメディアでまさに百花繚乱の議論が展開されていますので、筆者としては敢えてその議論には加わらず、これまであまり語られていないFITとメンテナンスの関係について考察してみたいと思います。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報