> コラム > 保険統計データからみた風力発電の雷事故と情報の透明性
風力発電 大量導入への道

保険統計データからみた風力発電の雷事故と情報の透明性

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回太陽光の事故防止とメンテナンスについて議論しましたが、今回は筆者の専門である風力発電にまた話を戻したいと思います。今回は、2016年3月18日に開催されたシンポジウム「風力発電設備の雷リスクマネジメント」についてご報告します。

同シンポジウムは、電気学会の全国大会の中の企画セッションとして企画されたものであり、筆者が委員長を拝命している電気学会「風力発電設備の雷リスクマネジメント技術 調査専門委員会」が主催したものです。同委員会は2014年4月から3ヶ年の予定で設置され、電気学会という工学分野の学会でありながら、技術論だけに留まらず、経済や政策にも踏み込んで事故低減につながるありとあらゆる学際的な議論を行うことが特徴です。今回のシンポジウムは同委員会の中間報告的な位置づけとなっています。

注:本コラムで示す見解はあくまで筆者の個人的見解(一研究者としての見解)であり、同シンポジウムの各講演者の見解および同委員会の総意とは異なる場合もあることを予めお断りしておきます。

(※全文:4,743文字 画像:なし 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.