> コラム > 再エネ出力抑制の日欧比較から見えること
風力発電 大量導入への道

再エネ出力抑制の日欧比較から見えること

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2015年3月4日に経済産業省 総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 新エネルギー小委員会 系統ワーキンググループ(以下系統WG)の第5回が開催され、各電力会社から出力抑制の試算について詳細な計算結果が公表されました。今回のコラムでは、さっそく第5回系統WGで公表されたデータを用いて筆者が行った分析と欧州実績との比較を示します。

まず、分析結果からお見せします。図1は再エネ(風力+太陽光)の導入率と再エネ抑制率の相関を取ったグラフです。図(a)は第5回WG(一部第3回WG)で公表された日本の各電力会社の抑制率の試算から筆者が集計して作成したグラフ、図(b)は欧州の過去の事例のグラフです。この図から一瞥して明らかな通り、「日本の再エネ出力抑制の試算は、他国の過去の実績に較べ著しく高い」ということがわかります。

ここで重要なのは、単純にどちらが良い/悪いではなく、「なぜ」違いが出るのか、「どのように」すればより良くなるのかを冷静に分析して議論していくことです。そのためには、「日本も欧州と同じようにすべき!」とか「日本と欧州とは所詮違うのだから比較しても無意味!」などといった両極端な先鋭論ではなく、冷静な分析が必要だということを予めお断りしておきます。

図1 再エネ(風力+太陽光)導入率と抑制率の関係日欧比較

日本と欧州の再エネ導入率と抑制率の関係比較分布図のグラフ

(日本は文献[1]〜[3]、欧州は文献[4]〜[11]のデータより筆者作成)

(※全文:6,546文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

安田 陽(やすだ・よう)

関西大学 システム理工学部 准教授

1989年3月、横浜国立大学工学部卒業。1994年3月、同大学大学院博士課程後期課程修了。博士(工学)。同年4月、関西大学工学部(当時)助手。専任講師、助教授を経て現在、同大学システム理工学部准教授。現在の専門分野は風力発電の耐雷設計および系統連系問題。 現在、日本風力エネルギー学会理事。電気学会 風力発電システムの雷リスクマネジメント技術調査専門委員会 委員長。IEA Wind Task25(風力発電大量導入)、IEC/TC88/MT24(風車耐雷)などの国際委員会メンバー。主な著作として「日本の知らない風力発電の実力」(オーム社)、翻訳書(共訳)として「洋上風力発電」(鹿島出版会)、「風力発電導入のための電力系統工学」(オーム社)など。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.