風力発電 大量導入への道

再エネを語らない日本

  • 印刷
  • 共有

前々回前回再エネに関する日本と海外の情報ギャップについて紹介してきました。海外の情報は主に英語で語られ、日本に紹介するためには日本語に翻訳しなければならないため、情報ギャップは本質的に存在します。

しかしここで重要なのは、もしかして情報ギャップが存在するかもしれないということ自体に多くの人が関心を払わず、情報ギャップが是正されない状態が継続してしまうことです。情報ギャップはその分野の、関心の低さに起因します。日本では、再エネ自体にあまり大きな関心が払われていないのかもしれません。今回は、この再エネに対する関心(の低さ)について論じていきたいと思います。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報