> コラム > 「補助金ビジネス」を撲滅せよ!
風力発電 大量導入への道

「補助金ビジネス」を撲滅せよ!

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回、そもそもFITとは...ということを書きましたので、今回は補助金について書いてみたいと思います。もちろん、今回から「平常営業」に戻してメンテナンスに深く関わる話題です。

さて、補助金、この「環境ビジネスオンライン」でもさまざまな補助金情報が紹介されているように、環境ビジネス関連、とくに再エネ発電事業者にとっては重要な問題です。でも、そもそも補助金って何のためにあるのでしょうか...?「補助金ビジネス」とか「補助金まみれ」という言葉もある通り、世間から必ずしもよいイメージで見られていない場合もあり、補助金のそもそもあるべき姿から乖離しているケースもあるのでは...?と個人的には思ったりもしています。

また補助金はメンテナンス意識を育てるのか?というのも筆者自身いつも疑問に感じており、答を探しているところです。というわけで今回は経済学的な問題にも絡みますので、京都大学大学院経済学研究科教授の諸富徹先生に突撃インタビューを行い、お話を伺って参りました。

(※全文:4,716文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

安田 陽(やすだ・よう)

京都大学大学院 経済学研究科 特任教授

1989年3月、横浜国立大学工学部卒業。1994年3月、同大学大学院博士課程後期課程修了。博士(工学)。同年4月、関西大学工学部(現システム理工学部)助手。専任講師、助教授、准教授を経て2016年9月より京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授。 現在の専門分野は風力発電の耐雷設計および系統連系問題。技術的問題だけでなく経済や政策を含めた学際的なアプローチによる問題解決を目指している。 現在、日本風力エネルギー学会理事。電気学会 風力発電システムの雷リスクマネジメント技術調査専門委員会 委員長。IEA Wind Task25(風力発電大量導入)、IEC/TC88/MT24(風車耐雷)などの国際委員会メンバー。主な著作として「日本の知らない風力発電の実力」(オーム社)、翻訳書(共訳)として「洋上風力発電」(鹿島出版会)、「風力発電導入のための電力系統工学」(オーム社)など。

記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.