> コラム > 最適制度設計としてのゾーニング(その1)
風力発電 大量導入への道

最適制度設計としてのゾーニング(その1)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

これまで当コラムでは、風力発電は外部コストが最も少ない(すなわち他人に最も迷惑をかけない)電源であるということを紹介しましたが、依然として風力発電の開発に際してトラブルが発生するケースも聞こえてきます。外部コストはゼロではないのでトラブルも完全にゼロにすることは難しいですが、このトラブルを如何に限りなく低減させるかが今後の大量導入にあたっての課題です。トラブルを発生させないようにするには、制度全体の最適設計が必要です。

今回はその全体最適設計のための重要なコンセプトである「ゾーニング」について取り上げたいと思います。早速、この問題に詳しい自然電力株式会社の畦地(あぜち)啓太氏にお話を伺って参りました。

(※全文:2960文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.