> コラム > 最適制度設計としてのゾーニング(その1)
風力発電 大量導入への道

最適制度設計としてのゾーニング(その1)

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

これまで当コラムでは、風力発電は外部コストが最も少ない(すなわち他人に最も迷惑をかけない)電源であるということを紹介しましたが、依然として風力発電の開発に際してトラブルが発生するケースも聞こえてきます。外部コストはゼロではないのでトラブルも完全にゼロにすることは難しいですが、このトラブルを如何に限りなく低減させるかが今後の大量導入にあたっての課題です。トラブルを発生させないようにするには、制度全体の最適設計が必要です。

今回はその全体最適設計のための重要なコンセプトである「ゾーニング」について取り上げたいと思います。早速、この問題に詳しい自然電力株式会社の畦地(あぜち)啓太氏にお話を伺って参りました。

(※全文:2960文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

安田 陽(やすだ・よう)

京都大学大学院 経済学研究科 特任教授

1989年3月、横浜国立大学工学部卒業。1994年3月、同大学大学院博士課程後期課程修了。博士(工学)。同年4月、関西大学工学部(現システム理工学部)助手。専任講師、助教授、准教授を経て2016年9月より京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授。 現在の専門分野は風力発電の耐雷設計および系統連系問題。技術的問題だけでなく経済や政策を含めた学際的なアプローチによる問題解決を目指している。 現在、日本風力エネルギー学会理事。電気学会 風力発電システムの雷リスクマネジメント技術調査専門委員会 委員長。IEA Wind Task25(風力発電大量導入)、IEC/TC88/MT24(風車耐雷)などの国際委員会メンバー。主な著作として「日本の知らない風力発電の実力」(オーム社)、翻訳書(共訳)として「洋上風力発電」(鹿島出版会)、「風力発電導入のための電力系統工学」(オーム社)など。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.