> コラム > 意外と知らない稼働率と設備利用率の違い
風力発電 大量導入への道

意外と知らない稼働率と設備利用率の違い

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回、「稼働率と設備利用率を混同する人が多い」と書きましたので、今回はその話をしたいと思います。「稼働率」と「設備利用率」、似たようなイメージで確かに間違えやすいですが、定義はそれぞれ全く異なります。

一般に風力発電の設備利用率は20~30%なのに対し、稼働率は95%以上あるのが普通です。しかし、残念ながら、新聞や雑誌、ネットの議論に至るまで、結構な頻度でこの稼働率と設備利用率の誤用が見られるようです。

(※全文:1902文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.