> コラム > 最適制度設計としてのゾーニング(その2)
風力発電 大量導入への道

最適制度設計としてのゾーニング(その2)

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回は、風力発電のゾーニングに関して、自然電力株式会社の畦地啓太氏にお話を伺いました。前回では、ゾーニングの定義や手法などについてお伺いし、本来のゾーニングとは単に規制的な方策ではなく、国や地域が掲げた政策を達成するためにどこに風力発電を立地させるのが相対的に適しているかを社会的合意の中で決めていくという、極めて戦略的かつ合理的な実行計画であることをお聞きしました。また、ゾーニングによって、地域住民や環境保護団体、そして事業者にとってのリスクも軽減することができることがわかりました。今回はその続きです。

(※全文:2654文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.