> コラム > 最適制度設計としてのゾーニング(その2)
風力発電 大量導入への道

最適制度設計としてのゾーニング(その2)

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回は、風力発電のゾーニングに関して、自然電力株式会社の畦地啓太氏にお話を伺いました。前回では、ゾーニングの定義や手法などについてお伺いし、本来のゾーニングとは単に規制的な方策ではなく、国や地域が掲げた政策を達成するためにどこに風力発電を立地させるのが相対的に適しているかを社会的合意の中で決めていくという、極めて戦略的かつ合理的な実行計画であることをお聞きしました。また、ゾーニングによって、地域住民や環境保護団体、そして事業者にとってのリスクも軽減することができることがわかりました。今回はその続きです。

(※全文:2654文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

安田 陽(やすだ・よう)

京都大学大学院 経済学研究科 特任教授

1989年3月、横浜国立大学工学部卒業。1994年3月、同大学大学院博士課程後期課程修了。博士(工学)。同年4月、関西大学工学部(現システム理工学部)助手。専任講師、助教授、准教授を経て2016年9月より京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授。 現在の専門分野は風力発電の耐雷設計および系統連系問題。技術的問題だけでなく経済や政策を含めた学際的なアプローチによる問題解決を目指している。 現在、日本風力エネルギー学会理事。電気学会 風力発電システムの雷リスクマネジメント技術調査専門委員会 委員長。IEA Wind Task25(風力発電大量導入)、IEC/TC88/MT24(風車耐雷)などの国際委員会メンバー。主な著作として「日本の知らない風力発電の実力」(オーム社)、翻訳書(共訳)として「洋上風力発電」(鹿島出版会)、「風力発電導入のための電力系統工学」(オーム社)など。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.