風力発電 大量導入への道

日本に再エネの志はありや?

前回、「ベースロード電源」シリーズの続きを予告しておりましたが、4月28日に経済産業省の第8回長期エネルギー需給見通し小委員会(以下、需給見通し小委)で、2030年の日本の電源構成(エネルギーミックス)に関する案が発表されたので、今回は急遽この点について考察することにします。

需給見通し小委の案では、2030年の総発電電力量に占める再エネの割合(導入率)は22~24%程度と設定されています。既にマスコミなどさまざまな評論で、原子力発電(同20~22%)との比較が多く取り沙汰されますが、本稿ではさしあたりこの点は脇に置き、国際動向における日本の位置づけという観点から、この再エネ数値目標について分析したいと思います。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報