風力発電 大量導入への道

「接続拒否」という新たな誤解と神話(その2)

  • 印刷
  • 共有

前回に引き続き、「いわゆる接続拒否」問題について分析します。前回示した論点、(1)接続料金問題、(2)接続可能量問題、(3)透明性の問題のうち、今回は2番目の接続可能量について詳しく見ていきたいと思います。

前回取り上げた(1)の接続料金問題は、新規電源を電力系統に接続する際に、変電所やその付近の系統増強費を誰が直接的に負担するか(接続を拒否するかしないかではない)というローカルな問題でした。一方、(2)の接続可能量は、電力会社管内全体でこれ以上再エネが入るかどうかの問題です。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報