> コラム > 「接続拒否」という新たな誤解と神話(その2)
風力発電 大量導入への道

「接続拒否」という新たな誤解と神話(その2)

 印刷 記事を保存

前回に引き続き、「いわゆる接続拒否」問題について分析します。前回示した論点、(1)接続料金問題、(2)接続可能量問題、(3)透明性の問題のうち、今回は2番目の接続可能量について詳しく見ていきたいと思います。

前回取り上げた(1)の接続料金問題は、新規電源を電力系統に接続する際に、変電所やその付近の系統増強費を誰が直接的に負担するか(接続を拒否するかしないかではない)というローカルな問題でした。一方、(2)の接続可能量は、電力会社管内全体でこれ以上再生エネが入るかどうかの問題です。

(※全文:6,365文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

風力発電 大量導入への道 バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.