> コラム > PV Market Alliance、2016年市場は前年比50%増の75GWと分析。2017年市場の行方
ソーラー市場 月次レポート

PV Market Alliance、2016年市場は前年比50%増の75GWと分析。2017年市場の行方

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

弊社が加盟するPV Market Alliance(PVMA)は、2016年の太陽光発電の導入量速報値(DCベース)を前年比50%成長の75GWと発表した。

PV Market Alliance(PVMA)は、中国、欧州、日本及び米州の太陽光発電及び集光型太陽光発電(CPV)の専門家により2014年に設立された太陽光発電及び再生可能エネルギーの調査機関により構成されており、北京に拠点を置くAsia Europe Clean Energy(Solar)Advisory(AECEA)、ブリュッセルに拠点を置くBecquerel Institute及びマドリードに拠点を置くCrearaが参加している。

2016年5月の時点で、PVMAでは、2016年の世界導入量を、低成長シナリオでは前年並みの51GW、高成長シナリオでは74GWと予測していた。

(※全文:1839文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.