> コラム > 太陽光発電の雇用効果 ― 直接雇用5万人超!
ソーラー市場 月次レポート

太陽光発電の雇用効果 ― 直接雇用5万人超!

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

アメリカのオバマ大統領は、2014年1月28日に例年のように一般教書演説を行った。

一般教書演説は年初に大統領が議会に向けて発信するメッセージであり、内政から外交まで全体的な情勢を分析したうえで政府の基本政策を説明するものであり、毎年その内容が大きく注目されている。今年の一般教書演説において、オバマ大統領は、再生可能エネルギー及びクリーンエネルギーについては言及し、「アメリカでは石油と天然ガスの生産が活発化している一方で、太陽エネルギーにおいても、アメリカでは世界の主導的立場にある。

4分に1基の太陽エネルギー・システムが米国の住宅や企業に設置されている。太陽電池モジュールの設置は国内に雇用を生み出している。資金を必要としていない化石燃料産業に対する年間40億ドルもの助成を廃止するための賢明な税制措置を進め、資金を必要とする将来の燃料への投資を拡大しよう」と述べている。

この中で注目したいのは、太陽電池モジュールの設置により雇用が創出されていることを強調している点である。アメリカのNPOであるSolar Foundationが2014年1月に発表した報告書「National Solar Jobs Census 2013」によれば、同国の太陽エネルギー産業の雇用数は142,000名を超えた(2013年11月時点で142,698名)という。

(※全文:1,588文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.