> コラム > 太陽電池モジュール・2017年出荷量トップ10企業
ソーラー市場 月次レポート

太陽電池モジュール・2017年出荷量トップ10企業

2017年の世界の太陽光発電システムの新設導入量速報値は、約98GWであり、太陽電池生産量は、流通在庫も含むと100GWを超えたと考えられる。2017年の出荷量見込み及び報告された実績から太陽電池モジュールの出荷量トップ10企業をまとめた。

JinkoSolarは2016年と同様に1位の座を維持して2017年に9.6~9.8GWを出荷する見込みである。2017年第3四半期時点の同社の太陽電池モジュール生産能力は8GW/年であり、不足分は生産委託等で対応する模様である。

2位のTrina Solarは9~9.2GWの出荷見通しを報告している。同社は2015年に5.74GWを出荷し、世界1位であったが、昨年同様2位の座を維持した。

(※全文:1,769文字 画像:なし)

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.