> コラム > 減速市場で新たな競争/事業機会(後編)
ソーラー市場 月次レポート

減速市場で新たな競争/事業機会(後編)

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2月24日に第19会調達価格等算定委員会が開かれ、今年のFIT価格について指針が示された。プレミアム期間を受け、「27年度4月1日~6月30日:29円/kWh」、「7月1日~:27円/kWh」となる見込みだ。アメリカの動向を紹介しつつ、今後の日本の太陽光発電市場を「現状成長ケース」「導入進展ケース」の二つのシナリオで分析した。

米国:
分散型電源増加の流れにビジネスチャンス

米国において小規模システムの普及を牽引しているのは、余剰分の補償制度であるネットメタリング制度であるが、この制度の下でバーチャル・ネットメタリングやコミュニティ・ソーラー(Community Solar)(注4)と呼ばれる新たな導入モデルが出てきている。

★本記事は3月16日発売 季刊「環境ビジネス」2015年春号にも掲載されています。
【特集】グリッドパリティ達成後の市場対応

雑誌も届く、環境ビジネスお得な3大購読特典が付いた
プレミアム会員の登録はこちら

(※全文:3,808文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.