ソーラー市場 月次レポート

減速市場で新たな競争/事業機会(後編)

  • 印刷
  • 共有

2月24日に第19会調達価格等算定委員会が開かれ、今年のFIT価格について指針が示された。プレミアム期間を受け、「27年度4月1日~6月30日:29円/kWh」、「7月1日~:27円/kWh」となる見込みだ。アメリカの動向を紹介しつつ、今後の日本の太陽光発電市場を「現状成長ケース」「導入進展ケース」の二つのシナリオで分析した。

米国:
分散型電源増加の流れにビジネスチャンス

米国において小規模システムの普及を牽引しているのは、余剰分の補償制度であるネットメータリング制度であるが、この制度の下でバーチャル・ネットメータリングやコミュニティ・ソーラー(Community Solar)(※1)と呼ばれる新たな導入モデルが出てきている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報