> コラム > ITRPV技術ロードマップ(第10版)の最新版 変換効率と出力は今後も向上
ソーラー市場 月次レポート

ITRPV技術ロードマップ(第10版)の最新版 変換効率と出力は今後も向上

2019年3月にドイツ機械工業連盟(VDMA)が主催する結晶シリコン太陽電池に関する技術ロードマップ(International Technology Roadmap for Photovoltaic、ITRPV)の改訂版(第10版)が発行された。ITRPVでは、前版(第9版)と2018年の技術変化を踏まえ、セル高効率化、モジュール高出力化、および市場要請に合致したモジュールの投入を主題として2029年までの今後の10年間の技術変化を見通している。本稿では、今回の改訂版において分析された主要な技術変化見通しを概説する。

(※全文:2819文字 画像:なし)

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.