ソーラー市場 月次レポート

各種・太陽光発電統計値の違いと2013年の日本市場

  • 印刷
  • 共有

この時期になると、太陽光発電市場に関する前年の暦年による統計数値が様々な期間から発表され始める。日本の市場についても様々な機関から統計値が報告されている。

欧州太陽光発電産業協会(EPIA)は、ベルギー・ブリュッセルで2014年3月6日に開催した第9回マーケット・ワークショップを開催し、2013年の世界の太陽光発電導入量は37GW以上であったとの速報値を発表した。2011年の30.2GW、2012年の29.9GWと世界市場では踊場状態となっていたが、2013年はとくに下期から市況が改善され、停滞から抜け出すことができた。上位3ヶ国は、中国(11.3GW)、日本(6.9GW)、アメリカ(4.8GW)であり、日本は2013年において年間導入量で世界2位の導入国となった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報