> コラム > 世界市場は50GW超え 16年以降の市場成長への動き
ソーラー市場 月次レポート

世界市場は50GW超え 16年以降の市場成長への動き

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2015年12月には気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において地球温暖化対策の新たな法的枠組み「パリ協定」が採択され、米国において太陽光発電の普及を牽引している投資税額控除制度(ITC)の延長が決定するなど、今後の世界の太陽光発電市場の成長に期待をもてるニュースが続々と発表された。

中国、米国での需要拡大により世界の主な大手太陽電池製造企業は、業績が回復基調にあり、2015年には今後の市場拡大に対応した設備投資も開始された。貿易摩擦は引き続き、企業の戦略に影響を及ぼしており、インド、タイ、マレーシア及び韓国での生産能力の拡大が報告された。

(※全文:1,437文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.