ソーラー市場 月次レポート

世界市場は50GW超え 16年以降の市場成長への動き

  • 印刷
  • 共有

2015年12月には気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)において地球温暖化対策の新たな法的枠組み「パリ協定」が採択され、米国において太陽光発電の普及を牽引している投資税額控除制度(ITC)の延長が決定するなど、今後の世界の太陽光発電市場の成長に期待をもてるニュースが続々と発表された。

中国、米国での需要拡大により世界の主な大手太陽電池製造企業は、業績が回復基調にあり、2015年には今後の市場拡大に対応した設備投資も開始された。貿易摩擦は引き続き、企業の戦略に影響を及ぼしており、インド、タイ、マレーシア及び韓国での生産能力の拡大が報告された。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報