ソーラー市場 月次レポート

中国製太陽電池モジュール、日本が最大の輸出先に。

  • 印刷
  • 共有
六カ所村のメガソーラープロジェクトにサンパワーは69MWを供給
六カ所村のメガソーラープロジェクトにサンパワーは69MWを供給

日本市場重視の海外企業

中国・工業情報化部(産業情報技術省)傘下の研究機関である中・CCID Consultingは、2013年の中国の太陽電池の輸出量は計16GW、輸出総額は対前年比27%減の合計約100億ドルとなる見込みと発表した。この発表記事において、2013年の太陽電池輸出総額において日本向けが増加しており、日本が輸出高において最大の輸出先になる見込みだという。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報