ソーラー市場 月次レポート

アフリカでの太陽光発電の動向

アフリカにおいて太陽光発電の導入が活発化している。この10月には電力事業用プロジェクトやミニグリッドの入札の計画が発表された。例えば、エチオピア電力公社(EEPCo)は、2基・各125MW(AC)の太陽光発電プロジェクト開発に向け、企業の適格性を評価するための依頼書(RfQ)を発行した。セネガル政府は、計100MWの太陽光発電プロジェクト入札計画を発表した。

これまでのアフリカにおける電力事業用の導入は、再生可能エネルギーの導入プログラムを実施してきた南アフリカ及びモロッコをはじめとした地中海沿岸の一部の国に限定されていたが、様々な地域に広がりはじめた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報