ソーラー市場 月次レポート

新ビジネスモデル「Community Solar」 などが続々登場

  • 印刷
  • 共有

Intersolar North America 2015 開催

2015年7月13~16日に、米・サンフランシスコにおいてIntersolar North America 2015(Intersolar NA)が開催された。Intersolar NAは、北米における代表的な国際会議及び展示会のひとつで、2008年から半導体関連の展示会SEMICON Westと併せて開催され、今回で8回目の開催である。

主催者の発表によれば、Intersolar NAには、80ヶ国以上から約18,000人(前年は約17,000人)が来訪した。国際会議は、47のセッションと25のワークショップから構成され、多くの聴衆が参加した。米国の太陽光発電市場が拡大傾向にあることで、国際会議は、6月にドイツ・ミュンヘンにおいて開催されたIntersolar Europe 2015よりも活気が感じられた。カリフォルニア州やハワイ州をはじめとした各州においても蓄電設備の需要が拡大していることもあり、昨年同様、蓄電に関するセッションは多くの聴講者を集めていた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報