> コラム > 英国における太陽光発電市場へのBrexitの影響
ソーラー市場 月次レポート

英国における太陽光発電市場へのBrexitの影響

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

英国政府が実施した欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票の結果、離脱が52%と残留を上回る結果となった。これ(Brexit)により金融市場をはじめとして、大きな波紋が広がっているが、英国の太陽光発電市場も影響を免れないようである。

欧州の太陽光発電市場は、図に示すように数年にわたり縮小が続いていたが、2015年は英国の寄与により前年から増加した。2014年から英国はドイツを抜いて欧州最大の市場であり、2015年に前年(2.47GW)から約1GW増3.5GWの太陽光発電システムが設置された。英国エネルギー・気候変動省(DECC)が、2015年8月に2016年からのフィードイン・タリフ(FIT)の大幅な減額案を発表して、駆け込み設置が生じたことが市場拡大に寄与している。

(※全文:1948文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

貝塚 泉(かいづか・いずみ)

資源総合システム 調査事業部 部長

国際研究エネルギー機関・太陽光発電システムプログラム(IEA PVPS)タスク1(情報交換部会)の専門家を2003年から務める。国内外の太陽光発電関連国際会議やシンポジウムで講演。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.