> コラム > 欧州太陽光発電国際会議の報告 ソーラー革命は今まさに始まったばかり
ソーラー市場 月次レポート

欧州太陽光発電国際会議の報告 ソーラー革命は今まさに始まったばかり

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2017年9月25日~29日、オランダ・アムステルダムのRAI Convention & Exhibition Centre において第33回欧州太陽光発電国際会議および展示会(EU PVSEC-33)が開催された。

展示会を含めたイベント全体への参加者数は2,516人であり、そのうち国際会議への参加者数は、1,864人と前年(約1,750名)より約6.5%の増加となった。国際会議での発表論文数は前年(1,180件)に対し6%減の1,107件(63カ国)ではあったが、太陽光発電専門国際会議の中では依然として世界最大である。

国際会議での発表論文数の上位国は、ドイツ22%、オランダ8%、日本6%、フランス5%、イタリア4%、スイス4%、アメリカ4%、中国4%、韓国4%と続いた。日本は発表数66件で3位となり(前回は50件、9位)存在感を示した。

(※全文:1512文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

ソーラー市場 月次レポート バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.