ソーラー市場 月次レポート

米国で太陽電池モジュールの生産能力が増加中

  • 印刷
  • 共有

米国太陽エネルギー産業協会(SIEA)と英国の調査会社Wood Mackenzieによれば、2018年に米国で10.6GW(DC)の太陽光発電が新設導入された。

2018年2月にトランプ大統領が発動したセーフガード措置により、輸入太陽電池セル/モジュールに30%の関税が課されることが決定した(太陽電池セルについては年間2.5GWまでは賦課しない)。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報